スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トルコのあま~い誘惑♪

2010年01月15日 00:09

訂正とお詫び

以前掲載していましたピシマニエの情報に不適切があった事が情報提供者の方に確認がとれましたので、記事を修正させて頂いております。
今後、私の方でも掲載にあたり、確認を徹底して参ります。


トルコ大使館とトルコエアライン協力の交流会に招かれてしまった鳥埜で御座います(笑)
丁重にお断りする予定で御座いますが(ヴェネツィア観光協会とかだったら行きますけど)

ぐはっ…イタリア記事がなかなか書けない…(泣)
ガルバッツィネタがたまってるのに~

さて、今日はトルコの美味しいスィーツのご紹介♪

わ~!興味あるぅ~♪
今回教えて頂いたのはその激ウマスィーツ“ピシマニエ”です!
ピシマニエ

おおまかな感覚としては綿あめのようでもあり、らくがんのようでもあるそうです!
「口どけが凄くいい」というのもわかりますよね~
そしてアーモンドのような、ココナッツのような香りもするそうです!

もう食べたい度MAXです~

「ピシマニエ」って名前は「後悔」って意味なんだそうです。
初めて食べた人も、やみつきになった人もその美味しさに後悔すると言うお菓子なんだそうです。

食べてみたいけど、クセになってしまったらどうしよう…(笑)
日本じゃ売ってないのかな~

おおっと!
イタリアも負けてませんよ!
世界にその名を知らしめた「ティラミス」がありますからね~♪


あ、そういえば以前の記事に「タシケント空港のトイレの紙」の事を書いたのですが、そのネタの答えも判明!(笑)

トイレに備え付けられてある「紙」…いや、もはや「紙」ではないそうです。
ギザギザに波打っている「ダンボール」らしいです(笑)
見た方が「日本でいう所のギザギザのせんべいにそっくり」と教えて下さいました。
↓これね
こんなのがトイレに…
すぐに想像つきました(笑)
もはや「紙」ではないし、こんなので拭いたら痛そう…というか「拭けるの?」レベルです。
女性はティッシュの大量持参は必須ですね(笑)


にほんブログ村 イラストブログへ
スポンサーサイト

トルコの歌とトルコのガム

2010年01月14日 00:47

本当にトルコ関係の方の横レス率の高さには驚きました!
いや、いい意味でですよ!(笑)

会話や話題が出ると、どんどん入ってこられるので話題が広がって楽しいのですが、スレが伸びる伸びる!(笑)

「トルコ行進曲は好きですよ~♪」の一言からトルコ井戸端会議に発展。
オススメの曲は何かそれぞれ出し合おう!→どういう意味の歌詞?→みんなで送りたい歌詞を送り合おう!→メール送信!

あぁ…何故こんな事に…(爆)


「mesajin icin tesekuer ederim! Nii seni cok ozledim. これいい曲なので聴いて下さい!」
とメール来ました(この時点で既に意味不明)

Biliyordum sevgilim
Biliyordum bu ayrılık
Hiçbir güneş sonsuza dek ısıtmaz o kalbini
Alışkanlık seninki
Daha kolay kabullenirsin
Yazık ki ben senin kadar şanslı değilim
Çaresiz bu aşk içimde
Bir yol bulup kaçsam boşuna
Gölgen adım adım peşimde
Ben ellerinde


……
………はい?
意味…わかりません(笑)

「ものの~けたちだ~け~」とかいう歌詞でしょうか(笑)
イタリアの話なんて出したら完全にKYなんだろうな~

ナザールボンジュのチューインガムの写メも送ってくれました(笑)
トルコガム
これはトルコカルチャーショック食べ物のひとつらしいです。
日本人が「日本のガム」感覚で食べるとえらい目にあうらしいです(笑)
実際私に教えてくれた人も会社の人に勧めたら、みんなすぐに吐き出したそうです(笑)

トルコの人に聞くと「歯磨き代わりになるんだよ。味なしガムのいいところは“太らない”」との事(笑)
えっ!そこ??
味が無い時点でただのガムベースという方が問題のような気が…

「“Biskrem”っていうシマシマのクリーム入りクッキーは激ウマですよ」と教えてもらったのでこちらは興味あり♪

あと「トルコに行かれる場合、日本人女性とわかったら話しかけてきて、気軽に身体に触ってくる輩も居るので気をつけてください」とご忠告頂きました。

日本人=イスラム教徒ではない=別に体に触っても良い
という図式が彼らの頭の中には成り立っているとの事です(オイオイ問題でしょ!)

皆さんトルコに何回も行かれていたり、結婚、長期滞在などの玄人集団なので真摯にご忠告は受け止めますが…
まずはヴェネツィアですから!(笑)
まぁ「トルコ好きな小娘だし、自分達が色々教えてやろう」的な感じに思われているんでしょうね~

トルコ”の部分を“イタリア”に変換してくれないかなぁ~(笑)


にほんブログ村 イラストブログへ

トルコの飲み物 “Ihlamur”

2010年01月12日 00:20

トルコ人が大好きな飲み物と言われているIhlamur(ウフラムル)

トルコでは専門のお店があるんですね~♪
日本でいう御茶屋さんみたいな感じでしょうか。
専門店?
「菩提樹の葉っぱ」という意味らしいのですが、日本でいうところの葛湯(くずゆ)とか、ショウガ湯的な感じらしいです。
菩提樹というと仏陀が解脱したお話を連想してしまうのですが、 飲むという使い方は知りませんでした。

Ihlamurを煎じたものにレモンと蜂蜜をいれます(ホットレモン的な感じ?)
体調悪い時にはよく効くらしいです♪
見た目は紅茶♪
ティーバッグに入っているウフラムルもあるらしいです(笑)
今度買って飲んでみようかな~

落ち着きの効果と風邪にも効くらしいので、オフィスに常備しておいてもいいかも♪
ただ、味がまだわからないので、まずはお試しでひとつ買ってからだけど(笑)


にほんブログ村 イラストブログへ

まさかのトルコ繋がり。

2010年01月12日 00:13

私が時々訪れているイタリアサイトさんにトルコ人の旦那様を持たれている方や、詳しい方がおられます。
そこでお知り合いになった方が言ったのかわかりませんが、トルコの方からメールが来るようになりました(笑)

前に記事の中で、イタリアの方々とお知り合いになってメールをやりとりしていると書きましたが、今度はトルコの方からとは(笑)

「ハイ!僕はトルコの人です、にぃはトルコ好きなんだね?トルコの事色々教えてあげる、仲良くなろう!」と
トルコ語&カタコトの日本語で書かれてありました(笑)

それ以外の文も結構な割合のトルコ語…すいません、わかりませんですワタクシ(汗)
そもそも“にぃはトルコ好きなんだね”の発想が何処から出てきたのか絵入りで詳しく説明して欲しいです(笑)
確かにお知り合いの方に「トルコは知っています」とは言いましたが…

一度頑張って返信させて頂いたら「トルコにおいでよ!行きたい店に連れて行ってあげる!にぃは何処に行きたい?」
とメールがきました(笑)
“サンマルコ広場のカフェフロリアン”です!

と返信しそうになりましたが、一応トルコのお店を調べ中…

そういう訳で、写メとかも送って頂いたり♪
お店
なかなか綺麗♪
京都のお土産屋さん思い出すな~(笑)
お店~
おじさんカメラ目線ナイス♪
トル…コ?
最後の夕日の写真…確かに綺麗だけど…
トルコのお店写真じゃないよね…
それに、多分前の写真がなかったらトルコの夕日とは絶対わかってなかったでしょう(笑)

交友の幅が微妙に別方向にも広がりつつある鳥埜でした(笑)

あ、そうそう!
イスタンブール行く途中の「タシケント空港のトイレの紙は見ものですよ」と教えて頂いたのですが、何か変わっているのかな~
ネタのニオイがプンプンするのですが(笑)


にほんブログ村 イラストブログへ

イッテQ 「トルコ パムッカレ」

2009年11月30日 02:04

今日のイッテQでトルコにあるパムッカレをやっていました♪
幅1Km、高さ200mの世界遺産で御座いますよ~
“パムッカレ”ってトルコ語で“綿の宮殿”っていう意味だったんですね~、なるほど!

パムッカレ

パムッカレ自体は知ってはいたのですが、改めてみると綺麗~(*´▽`*)
やっぱり「実際に行ってみてみたいなぁ~」なんて思いましたよぅ~

しかも石灰棚に溜まったお湯がうっすらと青いのは、空の色を反射しているからだなんて聞いたら余計に素敵んぐメーターが上がってしまって思いが募るばかりです。

夕暮れ時には石灰棚がオレンジに染まって、もう反則状態です(笑)
行きたい所がどんどん増えてきちゃう~(泣)

お休み…お休みが欲しい~(笑)


にほんブログ村 イラストブログへ


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。