スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コード・ブルー 2nd season 第11話 最終回 感想♪

2010年03月23日 01:45

毎回良い意味で泣かせてくれるコード・ブルーですが、今日で最終回で御座いました。
ちょっと、寂しいですね~

30分拡大での放送でしたが、それぞれのお話を見事に補完してくれました♪
田所部長も助かって良かったです~!

訴訟問題で悩んでいた緋山先生ですが、相手の女性との再会で色々と吹っ切れたようです。
この問題のせいで他の人達よりかは遅れを取ってしまいましたが、大丈夫そうで良かったです♪

新垣さん演じる白石先生も、お父様と無事にお話をして「私、おとうさんみたいな医者になるから!」と思いを告げます。
涙を堪えつつ、「頑張れ」というお父様。
色々とすれ違いもあった二人ですが、ここでようやくハッピーエンドに♪

そして山P演じる藍沢先生のお話で、今日も名言が。
墜落事故の影響で、1日遅れのお母様のお墓参りにお婆様と一緒に行く途中、「両親がいないあんたは、さぞ寂しかったろうね」という問いに、坂道でお婆様を背中におんぶしながら、藍沢先生は答えます。

「当たり前のように親や周りの人から大切にされていると、人はいつか死ぬという事に気付けない。俺は、親がいない事でそれに気付く事が出来た。確かに、両親はいなかったが、孤独じゃなかった。」

そして、お母様のお墓に来た時、確執のあったお父様と鉢合わせします。
気まずい雰囲気が一瞬流れましたが、お父様が呟いた「やっぱり、お前は母さんに似たんだな、立ち止まらず、前に進み続ける…そっくりだ。それに比べ、俺は…変わってないな…」という言葉に対し「俺に会わないように、いつも命日の翌日に来てたんですか…?俺、外科の中で誰よりも手先が器用なんです…それはきっと貴方に似たんだと思います。来年は、命日に来てやって下さい」と歩み寄りをみせました。

藍沢先生も色々と気持ちの区切りが出来たんでしょうね。
じーんとするシーンでした♪
コードブルー11話

その他の藍沢先生の今日の名言♪
「人は1人では命を大切にしない、大切な人が出来て初めて人は命の尊さを知る」

「この子は確かにろくでもない父親である貴方を恨むかもしれない…でも、そんな親でもいないよりかはいい…」

毎回、心に染みる内容が多かった「コード・ブルー」
素晴らしいドラマだったと思います。
2クールやってもらって、もう少し見たかったな~と思うドラマでした♪


にほんブログ村 イラストブログへ
スポンサーサイト

コード・ブルー 2nd season 第10話 感想♪

2010年03月16日 03:33

今日のお話は飛行機墜落事故と田所部長の手術の2つのお話がメインでした。
コードブルー10話
冒頭の数人の患者さんは、先生達の会話シーンを演出する為の使い捨て的な感じで、少し可愛そうだったかもです。

その後は先生方は、田所部長の手術組と、飛行機の墜落現場に行く組に分かれての進行。
墜落した飛行機の中には、白石先生のお父様も乗っておられたという事で、白石先生は救助に集中出来ない様子でした。
緋山先生は、前にあった訴訟問題のトラウマで、応急処置にあたるも上手く患者さんに接する事が出来ません。

全ては最終回の来週に続く前編でしたので、どれも解決せずに終わりました。
色々と伏線が張られているだけに、来週は上手くまとめてくれる事を願うばかりです。

あ、そういえばシーズン1の黒田先生も登場されて、サプライズでした♪

コード・ブルーには色々と感動させられているので、期待はしてます♪


にほんブログ村 イラストブログへ

コード・ブルー 2nd season 第9話 感想♪

2010年03月09日 01:02

今日のお話のタイトルは「心の傷」ですが、私としては「家族の絆」に思えました。
3つの家族の、それぞれのお話…考えさせられるものでした。
コードブルー9話
先週、倒れて脳の大手術をする事になった田所部長。
かなり難しい手術で、いったん心臓を止めないといけないほど。

「目が覚めた時、自分が自分でなくなるのが怖い…」
という田所部長に、奥さんが
「私は、何処へでもついて行きますから」
と手を握ります。

このシーンを見てると、こんな夫婦になれるといいなぁと思わせてくれます。

次はスキーによる事故で、怪我をした男性は一生滑れない体に。
「娘に、一度自分が滑っている所を見せたいから、何とかならないか?」
という患者さんに対して、白石先生は自分の父親が癌である事を話し
「ヒーローでなくてもいい、生きてさえいてくれれば」
と、説得します。
この重みのある言葉に患者さんは納得し、スキーより家族との生活を選びました。

最後は、ただのバイク事故だと思っていた女性が、脳に傷害を負っていた事がわかります。
緊急手術によって、なんとか助かったものの、後遺症で上手く手足が動かなくなりました。

今まで、家族を犠牲にしてきたキャリアウーマンの彼女は、お見舞いに来た息子さんに対して「お仕事が忙しいから、まだ一緒には暮らせない」と嘘をついて、リハビリに臨む決断をします。

「せっかく一緒に暮らせると思っていた息子にあんな事…私って、ひどい母親でしょう?」と呟く彼女に
「いや、子供と過ごす時間は少ないとわかっていて、あえて迷惑をかけない選択をした貴方は、いい母親だと思います」と、藍沢先生は答えます。

先週で、母親に対しての気持ちを整理し、成長した藍沢先生を見せた形でした♪

最近は本当にドラマのテーマで考えさせられる事も多いので、毎回見るのが楽しみです♪

来週は「最後の現場」となっていたので、見逃せません!


にほんブログ村 イラストブログへ

コード・ブルー 2nd season 第8話 感想♪

2010年03月02日 01:32

本当に最近ドラマに泣かされっぱなしです(笑)

今日のコードブルーも良かったです!

先週からの緋山先生(戸田恵梨香さん)の医療過誤問題は今週でも決着がつかず、来週に持ち越しのようです。
患者さんへの不信感に悩まされる緋山先生…どうなるんだろう…

そんな中、みんなを暖かく見守って、色々とメンタルな部分でもサポートしてくれていた田所部長(児玉清さん)が遂に倒れました(泣)
脳に出来た腫瘍が原因との事ですが、手術は来週のメインになりそうです…
何とか助かって欲しい~

そして、藍沢先生(山P)お話が決着しました。
(今日のメインはこれです!)

お母様の死因について、自分だけ嘘をつかれていたと憤慨していた藍沢先生ですが、家族(お祖母様)がどういう気持ちで、嘘をついていたかという事を理解し、お祖母様が退院の日に、今までの事を謝ります。

「全部聞いたよ、あの人(父親)から」

「そう…」

「ばあちゃん…苦しかっただろう?」←ここで、目と胸が熱くなりました(笑)

「あんな事実、全部呑み込んで生きてくれてたんだな…俺の為に…」←山Pも涙声です

「毎年の母さんの墓参りも、あんな重荷抱えて、手を合わせてたんだな…」

「これからは、俺にも半分背負わせてくれ、その荷物」←目頭の貯水量が限界に

「もう、持てるよ」←はい、ここで決壊(笑)流れている音楽とか反則ですよ~

「今年の母さんの墓参りは、今までと違う気持ちでいけると思う」

「だからその時はばあちゃん…隣にいて欲しい」
コードブルー8話
ああ、良かった…凄く…

来週は田所部長の手術が成功するかどうかのお話です!
なんとか成功して欲しい~!


にほんブログ村 イラストブログへ

コード・ブルー 2nd season 第7話 感想♪

2010年02月23日 02:41

今日のお話のテーマは「結果が全て」という内容でした。

遺族の気持ちを尊重した為に、逆に遺族に訴えられた緋山先生(戸田恵梨香さん)
医療器具の忘れ物をして、けが人をピンチに陥れてしまったけれど、結果患者さんが助かったので、良い結果になった冴島さん。

両極端のお話がメインで進行していきました。
コードブルー7話
緋山先生のお話が比較的メインっぽく、緋山先生は遺族と信頼関係を構築したと思い込み、同意書を取らずに生命維持装置を外してしまいます。
結果、そのせいで人殺し呼ばわりされます。
しかも医療裁判にまで発展!!
お話としては来週まで続きます。

次回予告ではあまりいいような状況が映ってなかったので、心配です~

あ、藍沢先生(山下智久さん)のお父さんが奥さんの有能さに嫉妬してて、引きずり下ろそうと思っていたというカミングアウトは少し引いてしまいました…
夫婦間での嫉妬というのもあるのですね…


にほんブログ村 イラストブログへ


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。