スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相棒 Season 8 第19話 最終回2時間スペシャル 「神の憂鬱」 感想♪

2010年03月11日 01:04

わ~ん!
またひとつ凄く楽しみしていたドラマが終わってしまいました~(泣)

今日は最終回2時間スペシャルという事で8時スタートで御座いました♪
相棒19
テーマはFRS(Facial・Recongnition・System)
簡単に言うと顔認証ですね。

色々と法律に抵触するシステムを警察が秘密裏に開発していて、それに関わった人達が殺されてしまうというお話です。
警察の天下り先の企業が関わっていたという事もあって、上層部は揉み消しにかかりますが、右京さんがいつもの如く常人離れした捜査で解き明かしていきます。

ただ、今回はいつも敵役の伊丹刑事が上層部に反発し、亀山さん的ポジションになって捜査に加わるというのが斬新でした♪
番組としては、亀山さん的な人はやっぱりおいておきたいのかなぁ~と思ってもみたり(笑)

結局、FRS自体は先の話になって終わるのですが、お話の最後で特命係から前のポジションに戻されそうになった神戸さんは、それを断って特命係に残る事を決めました。
そして、その事を聞いて大河内監察官は、右京さんに「神戸をよろしくお願いします」と頭を下げに。

次の朝、出勤してきた神戸さんに、右京さんは「ようこそ、特命係へ」と言います。
「は?半年前からいますけど…」と神戸さんは言うのですが、右京さんのこの一言にシーズン8の全てがつまっている気がしました。

半年かかりましたが、ようやく右京さんに特命係の一員として認められたんですね♪

その後、ぎこちなく神戸さんを飲みに誘う右京さんを「暇か?」と割って入る角田課長のKYぶりも良かったです(笑)

相棒は終わりましたが、来週から始まる「臨場」も凄く楽しみだったりします(笑)
シーズン1をずっと見ていたので、シーズン2も絶対見ますよ~♪

今日のお話で、「踊る大捜査線」から外された水野美紀さんが、ライバルである他局の刑事ドラマ「相棒」に出演された事によって、色々と話題になっているようですね。

一応私も「踊る大捜査線」は見ますが、いかりやさんとかが居ないキャスティングに、少し様子見かもです。


にほんブログ村 イラストブログへ
スポンサーサイト

相棒 Season 8 第18話 「右京、風邪をひく」 感想♪

2010年03月04日 23:54

今回の相棒もマンネリ化を防ぐ為か、新しいストーリーの進め方になっていました。

相棒ファンでないと、時系列をグチャグチャにした今回のお話は受付けなかったかもしれません。
内容自体は「孤独」というテーマを題材としており、考えさせられるものでした。

親しい人もまったくいない老人が勘違いで殺され、その犯人である女性が逮捕されたのですが、「誰とも繋がりが無い人が死んだところで、誰が悲しむというの!?」と言い放ちます。
でも、その女性もまた天涯孤独で、いずれ来る孤独死に怯えている1人でもあります。

そんな彼女に右京さんは、殺されたお爺さんも実は、病気の少女の為に軍手で人形劇をしていて、少女と深い絆を持っていたという事を告げます。
相棒18
「誰とも繋がっていない人間なんて、この世にいるとお思いですか…時には本人さえ知らないどこかで、誰かを支え、誰かに支えられているんです。人間とはそういうものなのではないでしょうかねぇ…」

…右京さんのこのセリフ、心に響きます。

そして、最後にたまきさんが言った
「いつも一緒にいる人より、ほんの少しすれ違っただけの人に強い想いを抱く、人の繋がりって不思議ですね…」
という言葉も深い意味があります。

ああ、人付き合いが希薄になりつつある現代…深いテーマでした。


にほんブログ村 イラストブログへ

相棒 Season 8 第17話 「怪しい隣人」 感想♪

2010年02月25日 00:47

今日のお話は2転3転するお話でした。

強盗と人質の立場が入れ替わったり、無関係だった人が事件の中心人物だったりと、淡々とお話は進んではいるのですが、忙しい内容だった感じはします。

今回は右京さんと神戸さんが一度もお話の中で接触する事なく、電話でのやりとりのみでした。
しかも、会話シーンは「24」のように2分割画面で行われるなど、シリーズの中でも初の試みだったような気もします。
私的には斬新で良かったなぁ~と思います♪
相棒17
今日の「相棒」のテーマは「時効」でした。
「時効」を待ち、目前で逮捕された犯人に対して、「時効を待つ間、ずいぶんと無駄な人生を過ごしてきましたね~、これから貴方はさらに人生を無駄に過ごすんですよ」と言い放った右京さん。
今、審議されている時効制度にもかかった内容でした。

常に何かのテーマを毎回盛り込んだ相棒。
来週も楽しみです♪


にほんブログ村 イラストブログへ

相棒 Season 8 第16話 「隠されていた顔」 感想♪

2010年02月18日 02:40

今回のお話は心理学についてでした。

「サブリミナル効果」や色々な心理学のお話も出てきました。
「操っていた」と思っていた方が、実は「操られていた」といったり、相棒お得意の2転3転劇がありました。
相棒16
ただ、今回のお話は右京さんが尊さんに、歩み寄りを見せたのが一番の大きなポイントだと思います。


「…お昼行きませんか?」
「え?」
「お昼ですよ」
「…じゃあナポリタン」
「君はナポリタンが好きでしたか?」

「それでは、行きましょう」
「はい」

最後のシーンのふたりが微笑ましかったです♪

右京さんがお昼に誘う人は、結構親しくないと駄目だと思うので、尊さんにもようやく心を許してきたってことですね~


にほんブログ村 イラストブログへ

相棒 Season 8 第14話 「堕ちた偶像」 感想

2010年02月04日 00:30

今日のお話は「政治家の癒着話と本当の友情」という感じでした。
犯人も二転三転するわけではなく、久しぶりに「最初から怪しい人が犯人だった」というオチでした。

政治家の汚職をスクープした記者が殺害されて、その近くで小さい女の子が怪しい男に声をかけられ、逃げる途中に怪我をするというのが、事件の発端でした。

右京さんが犯人をどのようにして落とすのかと、犯行動機、清廉潔白な政治家と幼女…というキーワードがメインでした。

大きなアクションもなく、推理の部分でもどんでん返しが無かったので、淡々としたストーリー運び。
幼女役の女の子が他のキャストに比べて、意外とよく登場しました(笑)
初々しい、台詞棒読みでしたが(笑)

多くの公害による病気で苦しむ人を助けようと、上層部の政治家を動かす為のお金を得る為に、違法な献金を受けた清廉潔白な政治家の江嶋議員。

「大きな正しい事をする為に、小さい悪は仕方がないんだ」という江嶋議員に対して「どんな正しい事を言っても、違法な事をして成し遂げた正義は、いずれ腐ってくる」と言う親友のジャーナリストの安田さん。

結局、話が決裂した江嶋議員は、親友である安田さんを殺してしまいます。
そして、彼が違法献金の証拠を残したUSBメモリを持ち去った幼女の女の子も狙いますが、そこは尊さんと右京さんに阻止されます。

そして、最後まで江嶋議員を信じた安田さんの思いを伝えます。
安田さんの思いを理解した江嶋議員でしたが、その大切な友人を殺めたという事実はどうしようもありません。

最後の場面で、尊さんが「国会の会期中につき、不逮捕特権が適応されるので、必要なら裁判所でしかるべき手続きをするが…」という言葉に対して「いや、その必要はありません」と言って、素直に連行されて行ってくれたのが、唯一の救いだったかも。

今回のお話、タイミング的にも民主党の小沢さんと絡めているのかなという感じも…(笑)

来週は伊丹刑事にスポットが当たったお話♪
今週は伊丹刑事グループはおとなしかったので、凄く楽しみです~!(*´▽`*)


にほんブログ村 イラストブログへ


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。