スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リアル版“アーサー王伝説”

2010年01月07日 01:24

「岩に突き刺さった剣はイタリアに実在する」と聞いて真偽を確かめてみた鳥埜で御座います♪

久しぶりのイタリア記事です!(*´▽`*)
今回この記事を書くにあたって、仲良くして下さっているみことさんのご協力を頂き、コラボが実現しました!
みことさん、有難う御座いますー!!

特別にお許しを頂いてイラストを掲載させて頂いております。
無断転載厳禁」のサイト様ですので、画像のお持ち帰りなどはご遠慮下さいませ。
なお、掲載にあたって記事の世界観に合うように若干ですが、私の方でオリジナル画像に加筆、修正を加えてあります。

では、本題へ!ヾ(*´∀`*)ノ゛
「勇者の資質を持ったものだけがこの剣を岩から引き抜くことができる」というモチーフは「アーサー王伝説」をはじめ数々の物語にあらわれます。
(アーサー王ってイケメンで描かれる事多いですよね♪最近は女性として描かれたりも…)
アーサー王伝説1
実は、それを地でいく「岩に突き刺さった剣」がイタリアの修道院に現存しています。
これはイタリア・トスカーナ地方にある聖ガルガノ大聖堂近くの、モンテシエピ礼拝堂。
礼拝堂の中、アクリルの覆いで守られた中にその剣は存在します。
モンテシエピ礼拝堂
イタリア旅行の際に立ち寄らなければならない所がまた増えました(笑)

↓見事に突き刺さった剣。
岩に刺さった剣
この剣を岩に打ち込んだとされるのは、シエナ地方の貴族の子息として生まれ、勇敢な騎士して伝えられるガルガーノ・グイドッティという男。

言い伝えによると、ある日落馬した際、ガルガーノは大天使ミカエルから「物欲を捨てよ」という啓示を受けたそうです。彼は「それは岩に剣を突き立てるくらい困難なことだ」と反発。
アーサー王伝説2
実際に岩に剣を突き立てようとしたところ、まるで岩がバターになったかのように簡単に刺さってしまったとのこと。
それ以来ガルガーノは神の言葉に従うことを決め、剣を突き立てた場所にモンテシエピ礼拝堂を建立、この剣を十字架に見立てて祈りの日々を過ごし、死後ローマ法王によって聖人に序せられたということです。

確かにそんな事があれば信じざるを得ませんよね(笑)

また「この剣を盗もうとした者はその腕を落とす」という伝説もあり、野生の狼に食いちぎられたものとされる泥棒の手のミイラも残されているそうです。
ただ、これが伝説と関係しているものかどうかは不明ですよね~

この剣は長らく「アーサー王伝説を模倣した作り物」とされてきましたが、2001年に放射性炭素年代測定法による調査をおこなったところ西暦1100年~1200年ごろのものであるということが判明!
ミイラ化した手も同年代のものと判明しました。

また、剣の下には空洞があることも判明との事。
これは聖ガルガーノの墓と見られ、現在も調査は続いているということです。
かなり興味深い事実なので、その後も要チェックしていきたいと思います♪


にほんブログ村 イラストブログへ
スポンサーサイト

イタリア語「Posso~?」

2009年11月24日 02:09

わわ、しばらくぶりのイタリア語記事で御座います(汗)

今回のフレーズは「Posso~?」
日本語で言うと「~しても良いですか?」です。
これは旅行に行った時に特に役にたちそうですね!

使い方例としては以下な感じ♪

Posso vedere?(見てもいいですか?)
Posso entrare?(入ってもいいですか?)
Posso toccare?(触ってもいいですか?)
Posso prendere?(手にとってもいいですか?)
Posso provare?(試してみてもいいですか?)

―そして
Posso~?
イタリア行ったら絶対使うフレーズですよね♪
えへへー、覚えました(笑)

そして、お久しぶりのガルバッツィタイムで御座いますよ(笑)

今回のガルバッツィお兄さんはなかなかの暴れん坊イタリアンを発揮してくれていました(笑)
一軒のお土産物屋さんを見つけるとこれでもかといわんばかりに上記のフレーズを連発!

“いや、そこまで無理に使わなくていいから…”という早速のツッコミをいれてしまいました(笑)

そしてPosso~?を使って店の物で好き放題遊びまくる暴挙に!

“そんな乱暴に扱ったら壊すから!”

色々な商品で遊んだうえ、紙粘土で出来たヴェネツィアのお面をかぶって踊りまくったものの結局買わず…

“もうね…怒っていいですよ、お姉さん(笑)”

さんざん遊んだあげく最後に彼が目を止めたのがヴェネツィアンガラスを使ったビーズアクセサリー。
ハラハラしましたが、ようやくお店のお姉さんと向かい合わせに座ってちゃんと会話。

その中でお店のお姉さんがimpiraresse(ヴェネツィアならではの女性ビーズ細工師の呼び名)という言葉を教えてくれました。
ヴェネツィアでは100年以上前から代々先輩に教えてもらって伝わる技術だそうです。
「へー、なんかそういうのいいなぁ~」と思って見ていたとたん、ガルバッツィお兄さんが―

「ところで貴女は100歳には見えませんが…」

Σ( ̄□ ̄lll)

絶句しました…
女性に歳の事を言うなんて…しかも、なんで私が気まずくなるのよ…
お店のお姉さん「ええ、まだこの細工を始めて20年程よ…」と苦笑い。
普通そういう反応になりますよね(苦笑)

相変わらずのガルバッツィぶりを発揮してくれましたが、次はどんな事をしでかすのか…
なんか、ツッコミの勉強してるみたいです(笑)
ガルバッツィよ…


にほんブログ村 イラストブログへ

スイス ウォッチバレー

2009年11月19日 23:37

先日スイスの特集でウォッチバレーというものをやっていました。
時計好きの私としてはチェック済み♪

場所はスイスのジュラ山脈の合間にある“La Chaux-de-Fonds(ラショードフォン)”という街。
街全体が時計の街なんだそうです(知らなかったー)
この街にある世界遺産の時計塔の近くに、かの有名なアインシュタインも住んでいたとの事。
知らなかった…博士ごめんなさい、もはや私が物理専攻だった事は封印致します(笑)

―で、気を取り直していきます(笑)
まず驚いたのは、スイスの全ての鉄道の駅にある時計が、誤差修正の為に1分毎に1秒止まって常に正確な時間を保ってるんだそうです。

凄い!
という事は私の時計は実は1分毎に1秒進んでいっている計算になるのね(笑)

そして街全体が時計を作る為に全ての建物配置がなされている事にも驚き!
時計作りに大切な日の光がなるべく長く差し込むような配置になっているんですね~
しかもこのラショードフォンには時計博物館があり貴重な時計も見れるんだとか、行きたい~!
サルバドール・ダリ作の時計もありましたが、凡人のワタクシにはただのシュールな時計にしか見えませんでした(笑)↓これ
ダリの時計さん
学校の広場とかにありそう…(笑)

他にも時間と分の文字盤自体が別れた時計や豪華な懐中時計など、変わったものがたくさんありました♪

時計界のノーベル賞と言われるガイア賞の優勝作品にもびっくり!
時計の主要なパーツにルビーが使われており見た目にも豪華!
硬さ、加工のしやすさにおいてもルビーが良いのだとか、スイスの高級時計には当たり前のように使われているんですね~♪

そのガイア賞を受賞された方が製作された最新作がこれ↓
最新時計
時計の針と文字盤が無い時計。
「スイスの最先端の時計技術はここまで来ている!」んだそうです(笑)
時計が時を刻む音を楽しむ時計らしいのですが、私には50年早い…かな(笑)

その方の名言が
時間は絶対の存在ではない、ただ人それぞれの時間がそこにあるだけ
ううーむ、哲学的ですね…わかるようなわからないような(笑)

タグ・ホイヤーやカルティエなど大手のブランドも拠点を置くラショードフォンのウォッチバレー、見てて色々勉強になったし面白かったです♪

時計好きの方は一度訪れてみたい街ですよね!
ああ、また行きたい所が増えた~(笑)


にほんブログ村 イラストブログへ

イタリア語で「柿」

2009年11月17日 01:54

そろそろ年末が近づいてきたな~なんてしみじみ思っている鳥埜です。

私が時々お昼を買いに行っているスーパーでも「干し柿」や「あんぽ柿」が並んでいるのを目にするようになってきました。
私はなぜか柿を見るとお正月を連想してしまいます(笑)

―で!
ふと思ったのはイタリアでは柿ってなんて言うんだろうな~なんて思って調べると
イタリア語では柿のことをそのまま「カキ」というそうです(笑)
「カ」にアクセントがくるから、「カーキ」に近い発音になるらしいですが。
柿さん

もともとは中国か日本から持ち込まれたらしいのですが、気候が比較的日本に近い事もあってイタリア(少なくとも北イタリア)では庭木としても果物としても、ごく普通にすっかり根付いていているんだそうです。
エキゾチックな果物だとは全く思われていない上に、そもそも「カキ」が日本語だということもあまり知られていないとの事(これは驚きでした)

表記はというと、標準イタリア語には「K」が存在しないから「C」で書いたり「K」を混ぜたり結構人によってばらばらとの事。

cachi, kachi, caki, kaki…という具合。

果物の名詞は、リンゴで例えるなら、
リンゴの実はmela(メーラ)、その複数形はmele(メーレ)
リンゴの木はmelo(メーロ)、その複数形は、meli(メーリ)
となるけど、カキは最初っから「cachi」で、木でも果物でも実が1個でも複数でもcachi(カキ)のまま。

わ、面白い!

んー、柿以外でも日本語のままのものってあるのかなぁ?
イタリアに詳しい人か在住の人にお聞きしてみたいかも。

あ、あと近いという事でトルコネタを少し(笑)
トルコの南東部ベシリで125歳の女性が生存しているそうです。
本当ならギネス記録で世界最高齢と認定されているフランス人女性、ジャンヌ・カルマンさんの122歳164日を上回るそうです。
名前はハリメ・ソルマズさん(1884年7月1日生まれとの事)ですが、正式に生年月日を確認出来る公文書が無い為に立証するのは困難だそうです。

だとしても、トルコ凄い!(笑)
スィーツも美味しいしね♪(関係ない)
 

にほんブログ村 イラストブログへ

ヴェネツィア・ヴァポレットその2

2009年11月16日 22:10

前にヴェネツィア情報で書いたヴァポレットの補足情報♪
油断しているとここがヨーロッパ・イラストブログにしたいという当初の目的を忘れてしまいます(笑)

ヴァポレットに乗る際は自分で打刻しないと駄目と書いたのですが、その打刻機が小さい!
ガルバッツィお兄さんの手と比べてもわかる通り、日本の信号機の押しボタンほどのサイズ!
打刻機
しかも乗船口から少し離れた所の木の柱に設置されているから気付かない可能性大!
押し忘れたら多額の罰金…わわわ
ヴェネツィアは物価もかなり高いのでひと財産なくすハメになりそう(苦笑)
何も知らずに個人で旅行に行くのは危険極まりないかもですね~

切符買う所はちゃんとしてるのに、なんでそこで打刻してくれないんだろ…

その切符売ってる所の上にヴァポレットの行き先案内表(日本で言う路線図みたいなもの)があります。
ヴァポレット行先表
結構複雑なので、ちゃんと自分の行き先はチェックしないといけませんね。
私はこれを見た時、東京に住む際に見た路線図とカブりました(笑)

実際に一度、会議行く時に違う電車乗ってしまって大変な目に…(苦笑)
その後2週間位で慣れてきましたが(笑)

肝心のヴァポレットの行き先案内図の見方は教えてくれませんでした。
さすがガルバッツィクォリティ!(笑)

でも絶対ヴェネツィア行ったらヴァポレット利用するから、ちゃんと調べておかないとね♪
お土産代やホテル代にお金かかっちゃうもんね(笑)


にほんブログ村 イラストブログへ


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。