スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

劇場版 ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ

2010年03月06日 00:35

劇場版『ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ』がいよいよ公開で御座いますっ!

うわーん!
アキヤマさ~ん!!
会いたかったです~!!

劇場版で繰り広げられるライアーゲームは「エデンの園ゲーム」です。
完全劇場版オリジナルとの事なので、凄く楽しみで御座います!
ライアーゲーム・ファイナル
な・に・よ・り!
アキヤマさんをまた見れる事が、嬉しいです~!

映画のシーンを見ていると、ナオちゃんとアキヤマさんの仲も縮まりそうな予感♪
ああ~ん!
5分でいいから、ナオちゃんと交代させて下さい(笑)

映画自体は2、3回は見に行きたい気分で御座いますね~♪

ライアーゲームファンの皆様、楽しみましょう!


にほんブログ村 イラストブログへ
スポンサーサイト

ライアーゲーム2 第9話 「禁断の最終回」

2010年01月20日 03:17

遂に最終回を迎えてしまった「ライアーゲーム・シーズン2」にちょっぴり寂しい思いの鳥埜で御座います。

駆け足でエンディングに持っていった感じはしますが、それでもじーんとくるものはありました♪
私としては「良かった」ですね~

ゴールド・ラッシュゲームを通じて、ナオちゃんの気持ちがアキヤマさんや葛城さん、そして敵のみんなに届いた感動の最終回だったと思います。
「ナオちゃんの言葉だからこそ、アキヤマに協力した」という池沢さんの言葉にシーズン2の全てが集約されていたのかもしれません。
ライアーゲーム2最終回2
「恐怖やお金では、人の心までは支配出来ない」と思い知らされた葛城さんは、憑き物が落ちたように優しい表情になってました。
今までは嫌な表情だったのですが、ラストの葛城さんは本当にいい顔をしてました♪

かつて大学時代に葛城さんに負けたアキヤマさん。

ゼミの丘辺教授が「君にないモノを葛城君が持っていた」という、アキヤマさんの敗北理由も判明。

戦い、人を支配するあまり、持っていたものを失ってしまった葛城さん。
戦いの中、ナオちゃんとの出会いで持っていなかったものを得たアキヤマさん。

「何だったんだろうな、お前にあって俺にないモノ…きっと、これが答えだ…」

そう言って最終的には葛城さんを助けたアキヤマさん。
ツンデレなアキヤマさんも大好きだぁーーー!(笑)
 
金塊を一つ葛城さんにあげたことで、ファイナルに進出出来るのは、アキヤマさんとフクナガさんの二人。
辞退したナオちゃんは、アキヤマさんに全てを託しました。
思わせぶりに出てきてたヨコヤさんが辞退しちゃったのはビックリでした!

「お金はもうじゅうぶんです!私はファイナルステージは辞退させてもらいます!」

えーっ!ファイナルステージはっ!?
 
そうそう、机に並んでアキヤマさんと本をめくりあうシーンは、恋人同士みたいだった葛城さん。
「お願い!その役私に譲って!」という感じでした(笑)
ライアーゲーム2最終回1
うう~む、映画ではヨコヤさん本当に出てこないのかなぁ~
「お金はもうじゅうぶんです、私は辞退します!」の言葉が…

とりあえず、あとは映画です!
どうお話を完結させるのか、見に行きますよ~(*´▽`*)


にほんブログ村 イラストブログへ

ライアーゲーム2 第8話 「ゴールドラッシュゲーム!」

2010年01月13日 00:34

ようやく新年のアキヤマさんがきました!待ってましたぁ~ヾ(*´∀`*)ノ゛
冒頭からイケメンアキヤマさん炸裂です!
大学時代のアキヤマさんカッコイイ!
アキヤマさん1
私の大学の図書館にはこんな男性歩いてなかったな~(笑)
アキヤマさん2
あまりのサプライズにドラマの最初からハイテンションだった鳥埜です(笑)

新年最初のお話は、セミファイナル後半戦からスタートという形。
その中に大学時代のアキヤマさんと葛城さんのエピソードを入れるというお話展開。

「セミファイナル後半戦のゲームってどんなのだろうな~」と思って見ていると、若干見覚えが(笑)

ディーラーのフォルリさんが「その名もゴールドラッシュゲーム!」と大げさに言ってましたが、シーズン1の密輸ゲームとほぼ同じ(笑)
映画に注力し過ぎたのか、若干ゲームの内容に残念感はあったのですが、そこは葛城さんとアキヤマさんの攻防で補ってくれるでしょう♪
ゴールドラッシュゲーム
大まかにゲームのルールを説明しますと、1人が1億円相当の金塊を4つ持っていて、それを途中に出会う検査官をだまして自分の陣地に運び込むというもの。
トータルした金塊の数の多い国が勝ちとなるというほぼ密輸ゲームルール(笑)

後半戦の「ゴールドラッシュゲーム」が始まったとたんに、アキヤマさん葛城さんの攻防はスタート!

アキヤマさん考案の金塊強奪作戦が既に葛城さん側によって実行されていたり、相手側の人間を仲間に取り込むべく動き出したアキヤマさんの作戦が葛城さんにばれていたりなど、ハラハラ展開。
その中で見えた葛城さんの徹底ぶりは怖かったです…忠誠ポイントで3億円払うとか、ボイスレコーダーで裏切り者を見つけた者には褒美をやるとか、凄すぎです(笑)
フクナガさん(笑)
今年もフクナガさんはキャラ作りに走ってました(笑)
シーズン1ではこんな事全然しなかったのになぁ~
来週も期待してますが(笑)

ドラマでは結局ヨコヤさんは出てこないまま終了しそうな雰囲気ですね…
お楽しみは映画でという事なのでしょうか(笑)

見に行きますよ~!(*´▽`*)


にほんブログ村 イラストブログへ

ライアーゲーム カクテル発売♪

2009年12月28日 02:03

ライアーゲームのカクテルなるものが発売されたという事を聞いて、早速購入しようと思った鳥埜で御座います(笑)
色々調べていると、発売している場所がホテル日航東京の「キャプテンズバー」という所であえなく断念…

披露イベントではライアーゲーム2のディーラー・清蘭役の遊井亮子さんが登場されたとの事で、行きたかったなぁ~(泣)

ライアーゲームをイメージしたカクテルで、ナオちゃんをイメージしたカルピスとヨーグルトのノンアルコールカクテル「オネスティ」、「嘘」と「信じる心」をポートワインとジンジャエールを2層することで表現した「ビリーヴ」、「真っ赤な嘘」をカシスとミントリキュールで表す「ライアー」、ジンにローズヒップを加えた「ゲーム」の4種類だそうで、各1260円との事。
ライアーカクテル
うわーん、これを飲む為にネオトーキオまで行ってホテル日航東京泊まって帰って来るなんて…(泣)
全国で発売して~(噴水涙)


にほんブログ村 イラストブログへ

ライアーゲーム2 第7話 「天使と悪魔ゲーム完結!」

2009年12月23日 00:23

遂に「天使と悪魔ゲーム」完結しました!
前回メガネ君は味方かどうかというところで終わり、非常に気になっていたのです。
結果は味方でした♪

どうやら彼は葛城さんが送り込んだ敵ではなかったみたいです、良かった~(*´▽`*)
ヨコヤさんとメガネ君♪
メガネ君と接触してアキヤマさんも天使を増やし、そのあとナオちゃんとメガネ君も接触して天使を増やすも、ナオちゃんが勝つには天使の数が足りない展開(泣)

第2ピリオド終了時に天使11人、悪魔1人と発表がありました。
秋山はその後のインターバルで必勝法があると二人に伝え、「葛城は決定的なミスを犯した」とシブイ声で勝利宣言♪

ナオちゃんには「勝敗はおまえにかかっている」とはいりさん、フクナガさん、ライダージャケットのお兄さんに説得を引き続きするように指示をしました。
この後のアキヤマさんの指示通りに素直に説得を進めるナオちゃんが健気で可愛いかったです~


そして最終ピリオドが開始直後、状態を確認する部屋4つをアキヤマさんチームが占拠するのでした。
それは、葛城さんチーム各自の状態がわからないようにする為でした。

そこできました葛城さん(笑)
彼女は部屋の中に小切手を差込み買収工作。←菊地凛子さんの悪役徹底ぶりはさすがです(笑)
部屋の中のフクナガさんが2億円の提示の時に了承。
部屋を飛び出して小切手をゲット。
激怒したはいりさんとライダージャッケットさんも飛び出し、結果他の2つの部屋も空ける始末に。

葛城さんを含む3人は部屋に入り状態を確認。
悪魔が判明すると、残りの他のメンバー全員がアキヤマさん指示でのそれぞれ接触、天使を増やすことに成功するのでした。

決定的に葛城さん劣勢となりましたが、ここでもしたたかな葛城さんはあらかじめ交わしていた契約書を見せ、契約していた3人のメンバーとの接触で負けを回避。
「アキヤマさんが買ったー!」と思った私にとっては「むむむー!」という最後になりました。
今日のお話でヨコヤさんも登場し、お話は混沌としてきました(汗)

相変わらずゲームの展開運びや、騙し合いはなかなかのものでした。
アキヤマさんと葛城さんの心理戦、人の心を動かす術は結構見ごたえがありました。
それはともあれ、フクナガさんのキャラが…(笑)
キャラ頑張り過ぎ…
次回は来年…あぅー、長い~(泣)
でも、次回予告を見ていると葛城さんってアキヤマさんの事が好きだったのかな~という感じが。
で、何らかの形で失恋してその想いを今のアキヤマさんにぶつけているのではないかと。

二人の関係も来年のお楽しみですね♪


にほんブログ村 イラストブログへ


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。