スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JIN -仁- 第11話 最終回

2009年12月21日 00:46

遂に迎えた「仁」の最終回!バッチリチェック致しました(笑)

この最終回・・・「仁」としてはきっとホントの最終回じゃないですよね?
ただ、野風さんのお話としては完結したのかなとは思いました。

タイトルとしては「JIN」ではなく「NOKAZE」の方が良かった気もします(笑)
結構賛否両論でてきそうな最終回でした。
映画に続くというお話も。

初回に出てきた、瀕死の男性と胎児型の腫瘍はいったい何だったのかが明かされず気になったままです(笑)
ライアーゲームのようにシーズン2が予定されているかもしれませんね♪

最終回では野風さんの乳がんの手術をきっかけに、仁先生、野風さん、咲さんの人生がそれぞれ前向きに変っていったのが救いでした。

江戸の時代で、「今日」という人生を生きていく決意を深めた仁先生。
野風さんの手術をしたことで、未来の写真は消えてしまいました(これも謎のまま)
でも彼は野風さんを助けることができてよかったと、本当に嬉しそうに言ってましたもんね。

花魁の世界を出て、普通の世界で(それも一人で)生きていくことになった野風さん。
仁先生が大好きだけど、大人の女性として、いじらしくて素敵な去り際でした。
野風さんはどうやら塾の先生を始めるようですが、踊りの塾なんでしょうか?
そして、未来さんも元気な姿で教師?)をしているようなカットも♪
野風さんの生き方が、未来の運命も変えたというシーンかもしれないですね。

咲はお嫁に行くのをやめて仁先生のもとで一緒に医学に携わることになったっぽいですね~

ドラマオリジナルとしては上手くまとめた感じですが、いくつかの謎も残したという終わり方でした。
仁先生が足台から足を踏み外した時なんかは絶対未来に帰ると思ったのですが、普通にそのままでしたし(笑)

咲さんと仁先生の距離も少し縮まったみたいで良かった♪


私は途中から見始めたのですが、正直面白かったです♪

特に内野さんの龍馬さんはハマり役だったなー
内野さんのイメージがついてしまうと、来年の大河の福山さんに慣れるまでしばらく時間かかるかも(笑)
でもでも!福山さんにも頑張っていただきたいです!
内野さんも福山さんも大好きなのです♪

内野さんが時折言う名言も好きなのですよ~
「十年先、百年先を知ったところで日は一日一日あけていくだけじゃ。一歩一歩進むしかないがじゃ。わしも先生も地を這う虫のように」
今日はこのセリフが出た時のシーンの仁先生と龍馬がすがすがしくて素敵でした。

「未来、あそこから出ていかないオレに、君は本当はずっと言いたかったんじゃないだろうか。
もう一度歩いてみろ、きっと思う以上に美しいはずなのだから…人生は。」
最後のこのセリフも印象的でした♪

謎を残したままという事を引いても、素晴らしかったドラマではないでしょうか~(*´▽`*)


にほんブログ村 イラストブログへ
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://torini.blog62.fc2.com/tb.php/138-53518986
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。