スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コード・ブルー 2nd season 第1話 感想

2010年01月12日 04:19

前回のスペシャルの1年3ヶ月後という設定で始まった「コード・ブルー 2nd season」
このドラマももともと見ていた訳ではなく、お正月の再放送でハマったドラマです(笑)

4人がフェローを卒業するまであと3ヶ月というお話展開。

今回の話は、緊急救命での「奇跡」というものを描いたものでした。
実際には医療の世界では本当に奇跡的という出来事はそうあることではないんでしょうね。

相変わらずスピード感のある展開で、ボヤボヤしていると置いていかれる内容(笑)

新しい先生の椎名桔平さんも存在感あり、これからどう関わってくるのか期待させてくれました♪
コード・ブルー1
川で溺れていた子供の心臓は蘇生したけど植物状態になったという結果は凄く残念でした。
コード・ブルー3
心配停止から30分…ああいう状況は実際にありうるんでしょうね…
心臓は動いていても、脳死の状態…
コード・ブルー2
植物状態の子供の容態を母親が聞いて、「あの子、サッカーはできますか?」と聞いたシーンは本当にジーンときました。

その後の展開はドラマ的御都合主義と言ってしまえばそれまでだけど、やっぱり嬉しいラストで終わってくれました。
完全に意識が戻った訳ではないけど、子供が目を開けてくれて本当に良かったです。

ED主題歌の、Mr.Childrenの『HANABI』は前作から変更なしでした(笑)
いい意味で、そのままという結果♪


にほんブログ村 イラストブログへ
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://torini.blog62.fc2.com/tb.php/170-c7795a5c
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。