スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラッディ・マンデイ シーズン2 第4話 感想♪

2010年02月14日 01:15

今日のお話で、マヤさんの死、サードアイの中の裏切り者の正体(まだいてるかもしれませんが)、第3の皇帝の正体、八木君に銃を送りつけた犯人など、色々のものがわかりました。

…が!
それにもまして、今回もツッコミどころ満載でした(笑)

全体として、設定がかなりアバウトなんですよね(笑)
色々とたくさんの展開を見せてくれるが故に、凄く徹底しているところと、かなりいい加減なところの差が出てしまって、結果ツッコミドラマと化しているような…
ブラッディ・マンデイ4-2
今回のお話の冒頭部分の藤丸君と音弥君が、弱い!
不自然なくらいに弱い!
男2人なのに、女性1人の響ちゃんにいいようにやられてしまいます(笑)

今まで危険な場面から生き残ってきているのに、それはないでしょ~という感じです(笑)
しかも、1回銃を奪っているのに…

サードアイのスパイ調査もそうです。
加納さんには、徹底的にスパイ容疑をかけて正体を暴こうとしておいて、所内の怪しい行動をしている人達はノーマークで放置…
結果、「ブルータス」と呼ばれる女性スパイは情報漏洩をして、マヤさんが殺されてしまいます。

極めつけは第3の皇帝。
薄々、人物の事ではなく、何かの隠語とは思っていましたが
まさか水爆とは。

ツァーリ・ボンバーというロシア製の水爆だそうです。
いや…というか、何やってるの日本(笑)
そんなものが簡単に国内に持ち込まれるって…
ブラッディ・マンデイ4-1
最後は敵2人と、マヤさんの銃撃戦になるのですが、ここでも「仲間になったとたん弱くなる法則」が発動して、マヤさんが敵にいいようにやられて終わりという結末。

1人ぐらいは倒すか、相打ちぐらいにはして欲しかったかな~

来週は、また波乱もありそうです♪


にほんブログ村 イラストブログへ
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://torini.blog62.fc2.com/tb.php/215-07f28d31
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。