スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラッディ・マンデイ シーズン2 第6話 感想♪

2010年02月28日 03:00

神木隆之介君がホーネットだったとは~!(笑)

先週、ひょっとしてと思ってはいたのですが、やはりの結果でしたね~
サードアイに捕まってはいますが、まだ何か奥の手を持っていそうでした。
ブラッディ・マンデイ6-1
今日のお話は九条総理の側近の大臣が怪しい動きをしたりと、伏線を見せていましたが、まだ今のところ大きな動きはなさそうです。

「教授」と呼ばれる、日本最後の希望の人物にテロリストの1人「ホタル」が銃撃を仕掛けましたが、音弥さんが撃たれたところで描写は終わっていたので、来週に注目といった感じです。

そしてキーマンであるJの心配停止…
最初は芝居かな~と思っていたのですが、どうやら本当のようで、安否はこちらも来週に持ち越しです。
ブラッディ・マンデイ6-2
それより!
ホーネット以外のテロリストさん達…

水爆からのプルトニウム抽出って(笑)
どこでそんな技術身に付けたのですか!
というより、どこの施設で抽出作業してるんですか!?

今日のお話では、場所の描写はありませんでしたが、どこでも出来る作業ではありませんし、厳重な防護服も用意してあるので、そこそこの施設で作業していると思うのですが、何より…
“水爆搬入出来て、ちゃんとした設備も整っている場所で、テロリスト3人だけがプルトニウム抽出”って、何をやっているんですか日本!(笑)

誰にもばれずに、そういう大それた事が堂々と出来るなんて、その時点で日本…終わってます(笑)

来週はファルコンとホーネットの駆け引きも見れそうなのと、今週持ち越しにされた状況も気になりますね♪


にほんブログ村 イラストブログへ
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://torini.blog62.fc2.com/tb.php/234-2ad7171b
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。