スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

龍馬伝 第9話 「命の値段」 感想♪

2010年03月01日 01:23

それと今日の龍馬伝、凄く良かったです!
「生き方」というのを本当考えさせられました~

冒頭の千葉先生の「死に甲斐のある生き方をせねばならん」という言葉から始まったきょうのお話。
龍馬伝9話
最後のシ-ンの、事件を起こして切腹を言い渡されていた山本琢磨さんを、龍馬さんが逃がす時に「山本という人間がこの世に生まれてきたからには、簡単に命を捨てたらいかんぜよ!どこかにきっと、きっとおまんの生きる場所があるき!」
龍馬さんのこの言葉、流れていた音楽の効果もあって、涙腺決壊で御座いました(笑)

これが正しいっていう生き方はないと思いますが、私も自分の人生を振り返った時に後悔が無いように頑張ろうと思いました♪

あ、佐那さんの必死の告白も龍馬さんが上手くかわしてました(笑)
龍馬さんとしては、土佐に残してきている加尾さんがいるので、仕方の無い反応なのですが…

来週は加尾さんと龍馬さんが引き裂かれるシーンがあったので複雑です~


にほんブログ村 イラストブログへ
スポンサーサイト


コメント

  1. CRAIN | URL | -

    確かに

    ニュースにはならなかったのですが、
    私の通勤駅のホームから線路への転落者が出ました。
    私は、一人で線路に飛び降り転落者の救出を行い、
    自らも線路から離脱し、駅員に転落者を引き渡し、ミッションとしては成功しました。
    しかし、転落者の救助が頭の中を占有し自分のことを考えておらず、
    入場してくる列車のことを考えていなかった自分に気付き、
    「これでは、アーチャーと呼ばれてもしょうがないな。」と落ち込みました
    そして、職場の休憩時間の龍馬伝を見る。
    「私の死に場所が今日の朝にあったんだな。」と思い出し、
    上司や部下に話したら、「名前を名乗らず帰ってきたんか!」
    「な~にやってるんですか!」「これだからお前は結婚できないんだよ!」(関係ないのでは・・・。)
    言いたい放題言われ、「・・・・面目ない。」と反省し、
    そのおかげで「まぁ、生きているからいいか!」と開き直れました。
    私も人生の達人には程遠い存在です。
    そのためには精進あるのみです。
    お互いに頑張りましょう!鳥埜さん!

  2. 鳥埜 にぃ | URL | -

    お返事です~!(*´▽`*)

    >CRAINさん

    最近転落事故って多いですね(汗)
    ニュースで見かけたり、聞いたりする事が多いです。

    CRAINさんも遭遇されて、救助にあたられたとは凄いですね~
    何事もなくて良かったです~
    特に事情聴取などはなかったのですね(笑)

    いつ、どこで自分の人生の転機や終焉が訪れるかわからないからこそ、生きがいがあるのかもしれませんね。

    頑張りましょう~♪

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://torini.blog62.fc2.com/tb.php/235-30828161
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。