スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

巡礼娘・トリノの泉Ver. 第3回 「納め札」

2010年03月12日 23:29

今回は納め札についてで御座います♪ 

納め札はいわば、お遍路さん個人個人の名刺であり、各札所へ参拝したという証にもなる大事なお札です。
巡礼の際は、納め札入れという首からかける専用のケースに入れて持ち運びます。
四国八十八ヶ所用と、三十六不動用がありますので、それぞれお参りに行かれる方の納め札をご用意下さいませ♪

納め札入れ

お遍路で札所にお参りすることを「打つ」といいます。
「打つ」の語源は、以前、お寺を参拝した際に巡礼者が柱や壁に木製・銅製の納札を打ち付けていたことに由来していますが、現在は建物や環境の保護のために紙の札をおさめるという形をとっています。

納め札とは、お遍路さんが名前・住所、願意などを書いて、参拝の際に各札所の本堂と大師堂の納札箱に納めるお札で、巡礼の回数によって白札・緑札・赤札・銀札・金札・錦札まで6種類あります。

納め札
お経を納めた巡拝者の「功徳」を分けて頂けるお札としてお守りの代わりになるとされており、四国の人達はお接待をした時に、お遍路さんからお礼として納め札を頂きます。

中でも錦の納め札は大変貴重で、頂いた家庭では額に入れて、家宝にしたりもするそうです。

私が巡礼娘の打ち合わせの際にご住職から聞いた話によると、有難いからといって、金・銀・錦の納め札を納札箱から見つけて持ち帰る人も結構いるらしいのですが、これは絶対してはならないとの事です。

なぜなら、納め札を持ち帰る事により、巡礼者の「業」を持ち帰ってしまう事になるからです。
お遍路さんが四国を回るにはそれ相応の理由があり、重たい理由の方もたくさんおられます。
お寺から納め札を持って帰るという事は、そんな方々の思いを一緒に家に連れ帰ってしまう事になる訳です。

納め札が欲しい方はちゃんとお接待をして、正規に頂くようにして下さいね♪


にほんブログ村 イラストブログへ
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://torini.blog62.fc2.com/tb.php/247-fc2471db
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。