スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

龍馬伝 第15話 「ふたりの京」 感想♪

2010年04月12日 03:31

黒いっ!
黒いがです、武市先生!

回を重ねる毎にどんどん暗黒街道まっしぐらの武市先生です(笑)
今回も先週同様に「以蔵…あいつは使えるぞ」発言が出たと思ったら、連続の殺人教唆。

土佐勤王党の邪魔になりそうな人物を次々と以蔵さんに斬らせていきます。
自分に心酔している以蔵さんの心を上手く利用した武市さんの手口ですね。
龍馬伝15話
ドラマの最後の方では、以蔵さんが龍馬さんに再会します。
その時は本当に純粋な青年の顔になって、人斬り以蔵なんて感じさせません。

龍馬さんとお酒を酌み交わすうちに、以蔵さんは龍馬さんと加尾さんに、一連の人斬り事件は自分の犯行だと打ち明けようとします。
でも、龍馬さんはそれを制止しました。
恐らく、以蔵さんの犯行の告白を聞く事により、加尾さんに災いが降り掛かるのを阻止したんでしょうね。

結果、以蔵さんはカミングアウトを止めて帰りますが、龍馬さんは以蔵さんを利用し人斬りをさせている武市さんへの憤りを露わにしました。

そして、加尾さんより勝麟太郎さんの名前を聞き、会いに行く事になりました♪

今週のお話は、加尾さんと龍馬さんのお話がメインだったので、ちょっと嬉しかったです♪
束の間でしたが、幸せそうなお2人が見れてよかったです~

来週はいよいよ勝麟太郎さんの登場と、佐那さんと龍馬さんとの再会もあって楽しみです!


にほんブログ村 イラストブログへ
スポンサーサイト


コメント

  1. CRAIN | URL | -

    今回は再放送を見ました。

    だんだん武市半平太が策略家になっていきますね。
    やはり、不器用な自分は、自分にないものに憧れちゃいます。
    加尾さんの甘い日々は「あっ」、という間に
    終わってしまった感じがありますね。
    でも、龍馬の気持がわかる気がします。
    日本人同士が争い、疲弊していく様と、当時の東・東南・南アジアのような
    状態になることを、黒船と吉田松陰と出会ったことにより、
    予見していたから、このままではいけないと考えたいたんでしょうね。
    そして、加尾さんに希望をもらい江戸へ旅立った。
    私も、龍馬のように夢へと向かう希望の光が見えたら、
    今の職を辞して行くかもしれませんね。
    考えてみると、龍馬を取り巻く女性ってみんなすごいなって感じがします。

  2. 鳥埜 にぃ | URL | -

    CRAINさん

    龍馬さんの歩まれた人生を見ていると、加尾さんと結ばれなかったのは必然だったのかなぁと最近思ったりしてます(笑)

    もし、龍馬さんが加尾さんと結ばれて土佐で剣術の道場を開いていたら、ここまで有名になってはいなかったかもしれませんね。

    もっと言えば日本の歴史も変わっていたかもです。

    > 私も、龍馬のように夢へと向かう希望の光が見えたら、
    > 今の職を辞して行くかもしれませんね。

    全てを捨てて向かえるものってあるとは思いますが、今のご時世はなかなか厳しそうですね(汗)
    私だったら…何でしょう…
    永久就職ぐらいでしょうか(笑)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://torini.blog62.fc2.com/tb.php/279-1223cbed
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。