スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私が影響を受けたデザイナー 「H.R.GIGER」

2010年04月21日 02:40

あぅ…最近すっかりイラストやデザインのお話から遠ざかってしまってましたね(汗)
もうひとつの日記では漫画なども描いているのですが(笑)

今回は私の画法と人生を左右したデザイナー、H.R.GIGERさんとの出会いを書かせて頂きます♪

出会いは高校1年生の時、図書館で友人達がキャーキャー騒ぎながらある本を見ていたのがきっかけでした。

H.R.GIGERさんの「Necronomicon」。

今まで見てきたピカソやダリ、ダヴィンチやモネなどの絵画とは全く異質の絵。
何でしょう…とにかく今まで出合った事のない衝撃を受けた画集で「絵なの?写真なの?どうやって描いてるの?」と理解が出来なかったのが最初の印象でした(笑)
Necronomicon2
あまりにも立体的で、異形で、オブジェクトを写した写真のようでした。

でも、その鮮烈なインパクトが他の絵にはない魅力を感じ、紀伊国屋書店に何度も立ち読みに行った事もあります。
1冊のお値段がすごく高かったのですが、本の絵が絵なので両親におねだりする事も出来ず…(笑)
Necronomicon
見に行く時は2~3時間はGIGERさんの色んな画集を眺めてましたね~♪
そして、GIGERさんの絵は全てエアブラシで描かれている事も知り、私もエアブラシに興味を(笑)

私がカラーのマンガを描いたり、アニメイラストを描いたりする時は、全てエアブラシで仕上げているのは確実にGIGERさんの影響ですね(笑)
仕上げを見た担当の方からは、「これエアブラシなんですか?」とよく言われるのにはもう慣れました(笑)
Ecstasy of Gold
絵柄はGIGERさんとは全く違いますが、前にエアブラシオンリーで描いたイラストです♪

ぐはっ!こうして並べて見ると、巨匠との差が歴然…
まだまだ精進して、頑張らねばっ(汗)

今はマンガ家業界でも、色々な技法が認められている時代なので、イラストレーターやマンガ家を目指されている方は、自分だけの表現方法を見つけられるのもいいかもしれませんね♪


にほんブログ村 イラストブログへ
スポンサーサイト


コメント

  1. ゆうだい♪ | URL | qbIq4rIg

    タメになる~

    プロのイラストレーターさんのお話しが聞けるのは
    貴重なことですねぇ~v-219ありがとうございます。

    「H.R.GIGER」さん‥。お名前は初めて聞いたのですが、
    確かにこの「リアリティ」なイラストは凄い!!趣味で描いている自分にとっては、
    「驚愕」するイラストですv-438

    エアブラシって、こんなにリアルに描けるものなんですねぇ~。
    でも、にぃさんのイラストもカワイイですよv-290
    今度エアブラシも挑戦してみようかなぁ(無理ッぽそうw)

  2. CRAIN | URL | -

    夜に見るものじゃないな

    確かに写実的ではありますね。
    しかし、夜に見たら、夢に出てきそうでそうで怖いですね。
    私は、音楽は得意なのですが、美術は全く駄目です。
    中学3年の内申点に響く大事な時期に美術で
    10段階評価の「2」を食らったことがありまして、
    その時に出した「赤い羽根のポスター」が、
    「赤い毛虫のポスター」になってしまっていたのが原因です。
    (友達のネタにされていますが、今は、笑い話ですけどね。)
    それ以来、筆を執るのが怖くなっています。
    まあ、美術品を見るのは好きなんですけど。
    少し違うのですが、F-1カー、最新鋭の戦闘機・軍艦とかは
    斬新でカッコイイと思いますが、機能美というやつなんでしょうね。
    考えてみると、自分にできない何かを出来る人っていうのはカッコイイですね。

  3. 鳥埜 にぃ | URL | -

    ゆうだい♪さん

    基本私は我流なので、「誰の絵に憧れた」というのはないのですが、GIGERさんだけは衝撃を受けた人物として、今でも私の心の中にあります。

    エアブラシの重ね塗りなどで、リアルさを表現されているそうです~

    エアブラシは合わない方にはしんどいかもしれませんね(笑)
    私も初めて使った時はびっくりでしたから(笑)

    油絵の具、パステル、コピックなど色々ありますが、自分に合ったものでお描きになられるのが良いかもです♪

  4. 鳥埜 にぃ | URL | -

    CRAINさん

    確かに自分に無いものを持たれている方には惹かれるかもしれませんね~

    あ、でも同じマンガ家の方でも、素敵なお話やイラストを描かれる方には憧れますけど(笑)

    私も誰かの足りないものを埋めてあげられるような存在になりたいなぁとは思っていますが、難しそうです(笑)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://torini.blog62.fc2.com/tb.php/282-a79dcbcd
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。