スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

臨場 シーズン2 第3話 「未来の花」 感想♪

2010年04月22日 02:14

今日の臨場は事件自体はシンプルで犯人もわかりやすいものだったのですが、題材としては現代が抱える問題ともいえる「鬱」でした。
臨場3話
今回のお話で一貫して登場した「パンジー」
タイトルどおり「未来の花」を意味するのですが、花言葉は「思いやり」「心の平和」の意味があります。

このパンジーを植えていた家庭で「鬱」を患っていたご主人。
奥さんはそれを見ていても、腫れ物に触るように扱ってしまっていました。

その矢先にご主人が元同僚の奥様に殺されてしまいます。

倉石さんは「水は花ではなく、土にやるもんだ。あんたは同じようにご主人への接し方も間違っていたんじゃないか。ちゃんとご主人と向かい合っていれば、別の結果になっていたかもな」と鋭く言い放ちます。

ニュースなどでも取り上げられている「鬱」の病気。
ある日突然になるとも聞いています。

現代に生きる我々にとっては決して他人事ではなく、明日は我が身なのかもしれません。

どこかで自分の心と向き合い、リフレッシュする事と、兆候を気付いてあげる周りの人の気遣いも必要なんでしょうね。
どちらも、今のご時世は難しいのでしょうが…(苦笑)


にほんブログ村 イラストブログへ
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://torini.blog62.fc2.com/tb.php/285-59eee008
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。