スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

龍馬伝 第18話 「海軍を作ろう!」 感想♪

2010年05月03日 02:50

今回は色々と動きのあったお話でした♪
龍馬伝18話
海軍操練所にやってきた龍馬さんと長次郎さんは活気に満ちた雰囲気を見て感激し、勝先生の命令どおりに海軍の勧誘の為に街へ繰り出す事に。

そこでお腹を空かせた男を誘おうとするのですが、その男の人はなんと龍馬さんと一緒に脱藩した沢村惣之丞さんでしたた!
ちょっとした騒動はありつつも、何とか海軍に入ってくれる事に。

武市さんは上士になって、飛ぶ鳥を落とす勢いだったのですが、土佐の大殿様である山内容堂さんによって武市堕としが始まります。

大殿様にお目通りが出来ると大喜びで御前に向かった武市さんでしたが、勤王党から海軍へ人を3名出せと言われ、その上、龍馬さんの脱藩を許すと言われたりとあからさまなあてつけをされます。

色々な精神的ショックにより、武市さんは帰ってくるや倒れてしまうのですが、その時介抱しようとした平井収二郎さんが藩の人に呼ばれます。
武市さんに代わって藩を動かせと言われた収二郎さん。
不適な笑みの後、武市さんから離れる事を決意します。

勝塾には土佐から派遣された3人がやってきますが、最初は険しい顔をしているものの、藩の垣根や上下関係も無く、周りの人達の気さくな態度にだんだんと打ち解けてきます。

この光景は見ていて「いいなぁ~」と思いました♪


一方、人斬り以蔵さんは武市さんに勝先生を命じられ向かったのですが、そこで龍馬さんとバッタリ!(笑)
出直そうとしますが、勝先生と龍馬さんに引き止められ、二人の雰囲気に乗せられて一緒に飲みに行く事に♪

飲みに行った先では、龍馬さんが勝塾での参加者の目的が、本来の目的と違う所にある事を告げます。
勝先生はそこで「放っておけ」と言い、龍馬さんに色々と勝塾の良さを説いていきますが、その光景はプチ金八先生みたいでした(笑)

最後に勝先生に「頼りにしている」と言われ、龍馬さんは喜び勇んで帰路につきます(笑)

以蔵さんはその後、成り行きで勝先生の用心棒に(笑)

その後、勝先生の暗殺を防いだ事で、ジョン万次郎さんの護衛もするようになるんですよね~

最後に、周りには誰もいなくなってしまった武市さん…、来週は龍馬さんと平井収二郎さんを巻き込んでのひと騒動がありそうですね。
ただ、武市さんや周りの人達のその後は有名なので、龍馬伝ではどう描かれていくのかが楽しみです。


にほんブログ村 イラストブログへ
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://torini.blog62.fc2.com/tb.php/292-46a9a6d4
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。