スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

臨場 シーズン2 第8話 「証言」 感想♪

2010年06月03日 01:25

今回のお話のテーマも「男と女」でした。
臨場はシーズン1と今回のシーズン2でだいぶ雰囲気が変わってきましたね~

シーズン1では亡くなった方の無念の声を倉石さんがどうやって拾ってあげるかがメインだったのですが、シーズン2ではドラマの最後で倉石さんがどんな名言を言うかに変わってしまっています。

その為、臨場のメインでもある亡くなった方との対話にあまりスポットが当たらなくなった感じですね。
臨場8話
今日のお話は、暴力を振るう夫から逃げて子供と2人暮らす女性が、階段から転落死をしていたところからスタートしました。

倉石さん達が検視を始めると、階段を落ちた時に出来た擦り傷以外に、服を着ていると目立たない所に多数の鶏卵状の打撲痕が見つかりました。
今回の死因とは直接関わり合いが無いものの、明らかにDVの痕だと判明し、夫である人が真っ先に疑われる事に。
しかし、防犯カメラや倉石さんの見立てから関係無いとわかり、早々に出番は終了(笑)

次にスポットが当たったのが、息子さんの担任である先生。
被害者に好意を持っていて、色々と追い掛け回していたという事を突き止め、市ノ瀬さん達が尋問をしますが、決定打に欠けて保留。

すると、全くスポットが当たっていなかった、マンションの管理人のおじいさんが浮上。
いつも息子さんの面倒を見てくれていて、凄く優しいおじいさんだったのですが、倉石さんはこのおじいさんが犯人だと言い切ります。

動悸はやはり、殺されたお母さんへ想いを寄せていた事でした。
息子さんの面倒を見ている時に、「管理人さんがお父さんだったら良かったのに」という何気ない言葉で、お母さんへの想いをいっきに募らせたとの事。

そして、お母さんに言い寄る担任の先生から守ろうとした時に、「結構です、大丈夫ですから」とお母さんが担任の先生に対してまんざらでもない反応を見せた事で嫉妬してしまい殺害…という真相でした。

普通に接していても、何処で誤解されるかもわからないというメッセージなのでしょうが、今回お母さんは何も思わせぶりな態度もしていないですし、また何だか後味の悪い結末に(苦笑)

現実の一目惚れ、片思いというのは、アニメやマンガみたいに素敵で爽やかなものばかりではないんだな~という事の再確認的なお話でした。



にほんブログ村 イラストブログへ
スポンサーサイト


コメント

  1. sarukani | URL | q1cvaNjE

    なんとも残された子供が可愛そうな話ですね。

    みんなで手を合わせてる絵が、シュール。

    管理人さん、身勝手で衝動的過ぎる気が(苦笑)。

    まず、告ろうよって(^^;;;;。

  2. 鳥埜 にぃ | URL | -

    >sarukaniさん

    残された男の子がこれから1人で生きていかないといけない現実には胸が痛みますね。

    相手の勝手な感情で母親を奪われた男の子が、大きくなって事情を理解した時にはどう思うのでしょう…

    同じ女として、こういった事件がなくなるのを祈るばかりです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://torini.blog62.fc2.com/tb.php/307-6d96fa2c
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。