スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

龍馬伝 第26話 「西郷吉之助」 感想♪

2010年06月28日 01:13

とうとう西郷さんが出てきましたね~
まさか高橋克実さんが西郷さんだったとは以外でしたけど(笑)
龍馬伝26話
今週のお話はそれぞれの心の葛藤が描かれていました。

薩摩の長州討伐をやめさせようと単身薩摩藩に乗り込んだ龍馬さん。
そこで逆に「薩摩は船乗りが欲しい」と西郷さんに言われ、海軍操練所が無くなった後も、龍馬さんはどうしようか悩みます。
勝先生が最後にお弟子さん達を集めて、語るシーンは金八先生のようだったのではないでしょうか(笑)

そして私が一番うるるときたのは、先週からの続きでもある弥太郎さんと毒饅頭のお話。
人を殺すという片棒を武市さんに担がされた弥太郎さん。

自分の家族も巻き込んで葛藤します。
結果、以蔵さんに饅頭を差入れる事にしたのですが、やはり手が震えてしまいます。

牢獄の中で昔を思い出しながら、ボロボロの以蔵さん…
痛々し過ぎて見ていられませんでした(泣)

弥太郎さんに武市さんからの差入れじゃと言われて、お饅頭を受け取ろうとするのですが、弥太郎さんの手の震えで何かを察知した様子ですが、それでも弥太郎さんからお饅頭を受け取って口にしようとします。

それを見ていた弥太郎さんは、たまらず以蔵さんからお饅頭を取り上げてその場を去ってしまいます。
弥太郎さんを見送る以蔵さんが「わしはもう、自分の舌を噛み切る力もないがじゃ…」と虚ろに呟くシーンは胸が締め付けられました(泣)

そして川原で「わしにはやっぱり出来んがじゃ!」と言って全てのお饅頭を捨てる弥太郎さん。
口は悪いけど、やっぱり心の優しい人なんだなと改めて見直しました。

その後、馴染みの牢番の人に以蔵さんはまだ生きていると聞いて「なんでじゃ、弥太郎…!」と愕然とする武市さん。
またあえて言わせてもらいます武市と!

もう~、何なのですか貴方は?(苦笑)

来週は龍馬さんが土佐に戻って来て、後藤象二郎さんと対峙するみたいですし、凄く気になります(汗)

ああ、もう最終話まで一挙放送してくれないかなぁ~
一週間が長いです~(笑)


にほんブログ村 イラストブログへ
スポンサーサイト


コメント

  1. CRAIN | URL | -

    金八先生!

    勝海舟と、言うより金八先生でしたね。
    でも、なんか奮い立ったような気がしました。
    「オーッ!」ってな感じで。
    落ち込んでいる人物を前に鼓舞できる。
    あのような人物になりたいものですね。
    しかし、最終話まで一挙放送って・・・・。すごいこと言いますね。
    でも、にぃさんの言っていることはわかるような気がします。
    話は変わりますが、「浪漫倶楽部」何巻までですか?
    昨日、5巻まで買ったのですが、どうなんだろうって思いまして。
    やはり、地元の話が出てきましたね。
    とても、嬉しい気分になっちゃいます。

  2. 鳥埜 にぃ | URL | -

    >CRAINさん

    確かに金八先生でした(笑)

    武田鉄矢は指導者の役がやっぱり似合いますね♪

    龍馬伝はとにかく続きが気になるので、まとめて最後まで見たいのですよ~(笑)

    あ、浪漫倶楽部は全6巻で御座います(*´▽`*)

    ですので、次の巻でラストです♪

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://torini.blog62.fc2.com/tb.php/318-e70fc693
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。