スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

龍馬伝 第34話 「侍、長次郎」 感想♪

2010年09月01日 01:57

長州へ無事に銃と軍艦を運ぶ大任を終えた亀山社中。

そんな中、仲間同士の小競り合いから亀山社中を飛び出した長次郎さん。
この事が後押しとなって、兼ねてより考えていたイギリスへの渡航を計画します。
でも、失敗に終わって追われる身に。

これ以上、亀山社中の仲間に迷惑をかけられないと思った長次郎さんは切腹をします。

連絡を受け、駆けつけた龍馬さんが涙ながらに横になる長次郎さんへ思いをぶつけるシーンからは号泣タイムでした(泣)

最後の、長次郎さんの遺影とお酒を酌み交わすシーンは号泣しながらも、男性ならではの友情の表現に感動しっ放しでした。
こういったお酒のシーンは本当に男性ならではですよね。

あ、そうそう、相変わらず高杉さんは格好良かったですー(笑)
龍馬伝34話


にほんブログ村 イラストブログへ

スポンサーサイト


コメント

  1. CRAIN | URL | -

    お久しぶりです。

    このようなシーンは私も経験があるので、昔を思い出してしまいました。
    普段は、晩酌はしないのですが、日本酒をぐい飲み2つに注ぎ、
    「私は元気だぞ、みんなを見守っていてくれ。」、と
    ぐい飲みを掲げ、飲みました。
    やはり、寂しいですね。
    しかし、高杉晋作役の伊勢谷氏は、
    明日のジョーの力石役をするということで、かなり絞っているようです。
    どうやったら、あのように絞れるのだろうと羨ましい限りです。

  2. 鳥埜 にぃ | URL | -

    >CRAINさん

    お久しぶりで御座います~

    お返事遅れてすみません(汗)

    わ、CRAINさんも似たようなご経験が!?

    なんでしょう、男性が訳あってお酒を飲まれるのって凄く目を引かれてしまいます。
    何とも言えない雰囲気がありますものね~

    伊勢谷友介さん本当に格好良いですね♪
    劇中の中で“粋”というオーラを凄く出されていますし♪

    伊勢谷さんにはあのままのスタイルでいて欲しいですね~
    ふくよかなスタイルは想像出来ません(笑)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://torini.blog62.fc2.com/tb.php/328-6a896864
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。