スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴェネツィア・ヴァポレット

2009年11月03日 21:27

ずっとイタリアの記事も書きたかったのですがなかなか書けず(笑)
もっとイタリア関係のカテゴリも充実させなくっちゃ。

という事で久しぶりにイタリア記事です。
今回はヴァポレット(水上バス)について。
ヴァポレット
ヴェネツィアは基本、船での移動になります。
他の交通手段がないのでみんな船で移動してるんですね~

通勤、通学にはこのヴァポレットが使われているみたいです。
ただ、立ち乗りは当たり前で常に満員状態らしいです(笑)
なので大きい鞄や荷物、スーツケースなどを持ち込む際は事前に係員に言わないといけないとの事。

うむむ~、私が行ったとしたら観光だから別にいいけど、ヴェネツィアに住んでて普段利用している人は面倒じゃないのかな~?

でも楽ちんな水上タクシーは50ユーロ(た、高い!)
一方、ヴァポレットは6ユーロ。
そりゃ、混む訳だ(笑)
このヴァポレット、1日乗り放題券とかもあるので観光客には自由もきくし便利で人気なんだとか。
私も絶対こっちにするな~
乗っている間、他の人とも交流できるもんね!

そうそう、1つだけ注意点があってヴァポレットの乗車券は自分で打刻しないと駄目だそうです(笑)
もししてなかったら罰金だそうですよ~
「忘れた、知らなかった」の言い訳は通用しないそうです…ひぇぇ~
待合室

ヴァポレットの待合室も水上にあるそうです。
水の都ヴァネツィアならではの対策で、水位が変わっても乗り込みやすくする為の工夫なんだそうです。

ただこの案内人のガルバッツィお兄さん、小学生がつり橋を揺らすみたいに水上待合室を揺らしてました(笑)
テレビとはいえ、他の人に迷惑でしょ!(笑)

なかなかオーバーリアクションでファンキーなお兄さんだったので次回も見るの楽しみです(笑)


にほんブログ村 イラストブログへにほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
スポンサーサイト


コメント

  1. みこと | URL | mQop/nM.

    50ユーロ!!

    そ、それは高いっ
    6ユーロのほうがいいなぁと思いつつ
    自分で打刻ですか
    えーん、どっちもハードル高いなぁ(><)
    イタリア行くなら断然ヴェネツィア派で
    いつか行ってみたいのだけど
    ちゃんと勉強してから行かないと
    いろいろ大変そうだということがよく分かりました
    イタリア記事、楽しみにしています(^^)/

    いきなりお邪魔してすみませんでした~;;;

  2. 鳥埜 にぃ | URL | -

    お返事で御座います~!(*´▽`*)

    わー!いらっしゃいませ、みことさんっ!ヾ(*´∀`*)ノ゛

    > そ、それは高いっ

    そうなんですよー、私も値段聞いて「うそん~」て思いましたから(笑)
    だからヴァポレットがいつも超満員なんですよね~

    >自分で打刻ですか

    はい、一応打刻機の写真も撮ってあるのですが、スペース的に割愛しました(笑)
    日本で言うと、信号機の押しボタンBoxくらいの大きさです(小さい!)
    色も日本の押しボタンBoxと同じ黄色なんですよ~(笑)
    次のイタリア記事でアップしますね!

    >ちゃんと勉強してから行かないと
    > いろいろ大変そうだということがよく分かりました

    私もです(泣)
    ヴェネツィアは物価もかなり高いので、失敗して高額の出費をしない為にはある程度の知識はあった方がいいな~と思いました(*´▽`*)

    > イタリア記事、楽しみにしています(^^)/

    わわ、恐縮で御座いますっ!
    頑張ります!(笑)

    また、いつでも起こし下さいませー!(*´▽`*)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://torini.blog62.fc2.com/tb.php/71-a117897a
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。