スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴェネツィア・ヴァポレットその2

2009年11月16日 22:10

前にヴェネツィア情報で書いたヴァポレットの補足情報♪
油断しているとここがヨーロッパ・イラストブログにしたいという当初の目的を忘れてしまいます(笑)

ヴァポレットに乗る際は自分で打刻しないと駄目と書いたのですが、その打刻機が小さい!
ガルバッツィお兄さんの手と比べてもわかる通り、日本の信号機の押しボタンほどのサイズ!
打刻機
しかも乗船口から少し離れた所の木の柱に設置されているから気付かない可能性大!
押し忘れたら多額の罰金…わわわ
ヴェネツィアは物価もかなり高いのでひと財産なくすハメになりそう(苦笑)
何も知らずに個人で旅行に行くのは危険極まりないかもですね~

切符買う所はちゃんとしてるのに、なんでそこで打刻してくれないんだろ…

その切符売ってる所の上にヴァポレットの行き先案内表(日本で言う路線図みたいなもの)があります。
ヴァポレット行先表
結構複雑なので、ちゃんと自分の行き先はチェックしないといけませんね。
私はこれを見た時、東京に住む際に見た路線図とカブりました(笑)

実際に一度、会議行く時に違う電車乗ってしまって大変な目に…(苦笑)
その後2週間位で慣れてきましたが(笑)

肝心のヴァポレットの行き先案内図の見方は教えてくれませんでした。
さすがガルバッツィクォリティ!(笑)

でも絶対ヴェネツィア行ったらヴァポレット利用するから、ちゃんと調べておかないとね♪
お土産代やホテル代にお金かかっちゃうもんね(笑)


にほんブログ村 イラストブログへ
スポンサーサイト


コメント

  1. みこと | URL | mQop/nM.

    迷えと…

    言わんばかりの路線図ですね(涙)これ
    東京は日本語だからいいけど
    イタリア語でこんな路線図見せられたらもうお手上げですことよ(T△T)

  2. よろづ屋TOM | URL | SHLDkvn6

    負けてません!

    京都のバス路線図とエエ勝負です。(;´w`;)
    市バスに外国の方が乗ってるのを見かけたときは、
    「をを、この人、できるな」って。
    かなりのツワモノって気がしますものね。

  3. 鳥埜 にぃ | URL | -

    お返事で御座います~!(*´▽`*)

    >みことさん

    みことさん、いらっしゃいませ~♪ヾ(*´∀`*)ノ゛

    私もこれ見た瞬間「あ、無理」って思いました(笑)
    確かに東京はまだ「日本語」だったのでなんとかなりましたが、ヴェネツィアは日本語ではないので(苦笑)

    お姉様、私もこの案内図だけだとお手上げで御座いますわ(笑)

    でも高額な水上タクシーは…(涙)
    ガイドは必須ですね(笑)


    >よろづ屋TOM さん

    京都はバス多いですよね~
    うっかり間違えて乗ったら全然違う所に連れて行かれそう(笑)

    観光で来ている外人さん達は確かに凄いですね~
    言葉通じないのにお店で買い物している所見ると「勇気あるな~」って思います。
    逆に日本人店員さんが困ってますもんね(笑)

    外国だとこうはいかないんでしょうね~

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://torini.blog62.fc2.com/tb.php/85-fa04ecd2
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。